大杉漣トリビュートライブ★

  • 2018.12.01 Saturday
  • 23:59

おはようございます。

ウルルJUNです。


12月1日 ( 土)の、徳島県小松島市ミリカホール大杉漣トリビュートライブ。


満席。


皆様、ありがとうございました。


 私もお手伝いのカゲアナ、一曲参加させていただきました。


3年前に漣さんと一緒に参加させていただいた、ミリカホール。


三年前は、私も唄で参加している「霞町音頭」を気に入ってくださり、唄わせていただきました。


今回は、漣さんが亡くなられたときに作った唄

「生きている限り腹はへる」

を唄わせていただきました。


悲しくても、つらくても、生きているとおなかがすくんだな、、、


悲しい中でふと「生きている」ことを感じた瞬間でした。


漣さんの死を境に、私は「やってみたかったけど、あきらめていたこと」に挑戦しています。


漣さん、ありがとう。



このパネル、本当の漣さんみたい。


漣バンド、住友バンド、佐中さん、shinさん、岡本さん、の素敵な唄と演奏、ありがとうございました。


漣さんのかわりに、堀尾さんが唄っていたのですが、漣さんのマインドをしっかり受け継いでいて、ほろりとしてしまいました。


勘録さんの人形浄瑠璃の動きもとても感慨深く感激でした。


市長さんのご挨拶、漣さんのお兄さんもユニークな方で素敵でした。


最後はみんなで阿波おどり。


出演:大杉漣BAND(堀尾和孝、加藤華子、カジカ、hamber、ウルルJUN)/

住友紀人BAND(柴田敏孝、渡辺康介、井ノ上陽水)/

佐中康浩/柳本啓太/勘緑/shin

司会:岡本和夫

挨拶:小松島市長 濱田保徳


お忙しい中、遠方からかけつけてくださった皆様、徳島の皆様、スタッフ、共演の皆様、一緒に参加させていただいたことに感謝します。


ありがとうございました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM